<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
西の街 (君の街 vol.10)
 例え俺がどんなに頑張っても、だめなんだろうな、と思う。
 俺は昔から片山のことが何となく分かる気がする。片山が滝に言ったっていう、正しくてやりきれないって気持ちも、分かる気がする。
 それはたぶん、俺が、感覚的に、滝よりも片山に近いからなんだろう。
 それでも片山は滝を好きになったのだし、たぶん、滝より俺が先に告白していても、他の同級生みたくふられただけだったと思う。

 きっと、時期が違ったって、結果は同じなんだ。

 それでも言ってしまえば取り消せない。隠して、誤魔化して、目をそむけてやり過ごす事はもう出来ない。今までずっと俺の真ん中で手を振っていた片山だって、過去へ過去へと流されていって、残像になる。
 いやでも進まなければならない。新しい世界に、新しい人に、正面から対峙しなければ…
 ずっとそれが怖かったけれど、もう、逃げ回れる時期も過ぎたのだろう。
 明るく光る携帯の画面に並ぶ数字。
 きっと振られるだろうけど…俺は穏やかに諦めている。
 いつだって、いつだって、彼女は遠くにいたじゃないか。このままだって、振られたって、別に何も、変らない。一度だって、すぐそばに来たことなんてなかったんだ。一度くらい、自分から近づいてみても、いいのだろう。
 彼女の電話番号を見つめながら、ふいに思いつく。
 どうせ一度なら、せっかくだから、直接面と向かって伝えようか…
 卒業してからずっと、会いに行くことなんて、考えた事もなかったけれど。
 積み重なったこの想いを、手放す覚悟があるなら。もう何も、こわいことなんて何もない。
 万が一、万が一にも手に入るなら。大事に大事にすればいい。きっと幸せにすればいい。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-07-21 18:47 | 君の街
真ん中 (君の街 vol.9)
「彼女と上手くいってんの」
「まぁまぁそれなりにな」
「片山の事は、もう、どうでもいい?」
「どうでもいいって事はないけど」
「じゃぁ、今度は俺が貰っていい?」
「貰っていいって、だからあいつ、誰かと付き合ってんじゃないの?」
「だから、そんなこと、俺には関係ないって」
 片山が今、誰と付き合っていようと。あれから何年経っていようと。
 きっと、そんなことは結局何の関係もないんだと思う。
 どうせ。今も。
 そして。これからも。
 片山のこころの中心は、滝がもっていってしまったままなのだから。
 俺たちは、もう戻れない。誰だって皆戻れないんだ。
 あの頃。16歳。
 まだ今よりもずっと子どもだった自分たちはひどく純粋で、だから、その想いにはもう敵わない。俺たちはきっと、あの頃の俺たちには敵わない。
 これから誰が現れようと。どれだけ時間が立っても。
 片山の真ん中には滝がいる。
 俺の真ん中で片山が手を振るように。

 でも滝は。
 滝は違うのかもしれないな。
 俺には、滝はまだ、キズもなくくすみもなく透明に見えるから。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-07-20 03:24 | 君の街
理由 (君の街 vol.8)
「より戻したりはしないのか?」
「今更か?今更だろう?」
「そうかな」
「そうだろ。だってもう何年前だよ。俺、今、彼女いるし」
「そんなこと、関係ないじゃん」
「そういうわけにもいかないだろ」
「片山は?」
「さぁ。ちょっと前は誰かと付き合ってたけどな」
「指輪してたってさ」
「指輪くらいするだろう。もう、ガキじゃないんだし」
「どんな指輪だったかは知らないけど」
「お前の弟か?情報源は」
 ちょっと困ったような顔をして、滝が珍しく言い当てた。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-07-20 02:05 | 君の街
初秋 (君の街 vol.7)
 ひどく暑かった夏が終わって、だらだらと続いた残暑が落ち着いた頃、随分と久しぶりに滝に電話をかけた。飲みに行こうぜと誘ったら、拍子抜けするほどあっさりと滝はやってきた。
 久しぶり、なんて挨拶も抜きで滝は、しょっちゅう会っているみたいに懐っこく笑って、最近どうしてるだろうなんて考えていたのは、俺だけだったみたいだ。

 なんだか妙にうまくいった就活は梅雨前には内定は下りていて、まだ正式ではないけれど、たぶん俺はこの街を出ることになる。そのことを伝えようと思ったのだけれど、そんなことは口実に過ぎなくて、結局。

 俺は片山のことがずっと気になっていた。
 夏の真ん中で。図書館で見かけた弟の背中の向こう側に見つけた、懐かしい彼女の横顔の事が。
 あの日から消えない彼女の記憶を、俺は誰かと共有したかったんだと思う。
 あの頃のころをよく知っているはずの、誰かと。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-07-20 01:53 | 君の街
視線 (君の街 vol.6)
 夏休みが終わって、二学期が始まって、当然浪人するのだろうなと思っていた弟の偏差値が飛躍的に伸びているのを知って驚いた。馬鹿ではないと知っていたが、さすがに短期間でここまで持ってこられると兄の俺が意味もなく狼狽してしまう。
 片山に勉強でも教わっているのかとちらりと考えたがそういうわけでもないらしい。弟は厳しい顔をして、学校だ予備校だ図書館だと忙しく回っていた。
「お前、浪人しなくてもいけるんじゃないの?」
「現役ではいる」
「まじで?」
「浪人はしない」
 やけに毅然とした態度で言い切って、妙に挑戦的な視線を向けてくる。弟に睨まれる筋合いはないと思うのだが、なにか、気に触るようなことを言ったのだろうか。
「どこ狙ってんの?」
「まだ未定」
「片山の後でも追うつもりか?」
 ほんの軽口で行ったつもりが、思いっきり禁句だったらしい。さすがに長い付き合いで、表にはさっぱり現さないままで弟が静かに切れたのが分かった。
「兄貴は全部知ってたんだろう?」
 ちらちらと揺れる瞳に隠してるはずの繊細さが覗いて、ああやっぱりまだまだ子どもなのだと思った。
 俺とは違う。まるで確かに。
 俺だったらもうあんな眼はしない。
 そうだ、きっと片山も。もうあんな目をしたりはしないだろうに。
「片山は元気?」
「帰ったよ」
「ああ、もう大学も始まるのかな」
「向こうで就職するって」
「まぁ大阪は都会だからな」
「もう戻っては来ないって」
「そうか」
「どうせ兄貴は知ってたんだろう?」
 

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-07-18 04:32 | 君の街
追憶 (君の街 vol.5)
 滝と別れた片山は、すっかり遠い人になってしまった。帰ってきたという噂も聞こえてこないから、きっとほとんど帰ってきてなかったんだと思う。
 惨酷な正確さで時間だけが淀みなくめぐり、結局滝とも疎遠になってしまった。俺は俺で、大学に馴染むにしたがってサークルやゼミやらで忙しくなっていったし、西は西で、1浪して俺とは違う地元の大学に入って、慌しく浮き足立ったような日々を送っていたのだろう。
 俺たちはめったに会わなくなり、連絡も取らなくなり、そして、気付けば話す内容すら思いつかなかった。
 記憶の仲で高校時代は遠く遠く彼方に押しやられ、目の前の大学生活はぞれまでに比べればずっと自由で、軽やかで愉快で、何故か平べったいものだった。
 ふと我に返った瞬間には孤独の形が見えてしまう、そんなことが、不思議に理由もなく分かっていて、だからなるべく目をそらしていた。
 大学には自分の座席もなく、部室もなく、よるべがないままで、ただ何も気にしなければ楽しい日々だった。
 

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-07-08 00:31 | 君の街
昼下がり
「届くといいな」
「ん?」
「お前の想いが、届くといいな」

 瞳を閉じるのだ。
 太陽が眩しいから。
 太陽みたいな、向日葵が眩しいから。
 いま、風が吹けばいいと思った。
 そして、そう。
 届けばいい。
 あなたに、ただ届けばいいのに。

 いい人そうな顔をして、私をそんな風に遠ざけないで。
 あなたに、幸せを願われたくなんかないの。
 そんな風に、笑って逃げたりしないで。
 傷付ける事は、出来ないなんてただの言い訳。

 向日葵が揺れた。目を閉じても残像が、残りそうで。
 煩わしくて、顔を背けた。
 あなたのことが、残像のように。
 記憶に残る事なんて、分かりきっていて、煩わしくても、なす術が無かった。
 あなたのことを、思い出すのが、向日葵なんかじゃなければいい。
 向日葵なんか。
 夏過ぎて。
 夏過ぎて。
 鮮やか過ぎて。

 春も夏も秋も冬も。
 きっと思い出すよ。
 優しくて卑怯な人だったと、きっと思い出すよ。
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-07-07 14:28 | ふたり sideA