<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
雨音 (遠い空 vol.6)
 駅前のスーパーで、帰省前の荷造りに向けて大きなダンボールを貰った。
 こっちにきて3年とちょっと、そういえばあんまり帰らなかったなと思う。遠恋が終わってから更にその傾向は強まった。お盆とお正月にちらっと顔を見せに帰るくらい。長い帰省は、今回が初めてかもしれない。
 時間割と手帳を見比べて予定を決めた。授業が終わるのは七月の中ごろ。前期の試験は夏空けて九月。
 試験の後、後期が始まるまで、通称秋休みと呼ばれる空白期間があるけれど、夏休みの日取りは高校の時とさほど変わらない。
 バイト先のレストランは、シフトが埋まらないと判明すれば殺伐とする。下手して帰れなくなるのを危惧して、店長には早々に、大胆にも1ヵ月半の休みを申し出た。なんとか許してもらった。
 母親より少し若いくらいの女店長は、渋々といった感じに頷きながら、困ったようにため息をついた。

「すいません」
「ええけど。珍しいね、片山さん」
「はい。最後なんです」
「そう、そうやね。もう4回生なのね」
「はい」
「ここに来たのはいつやっけ?」
「1回生の、秋ごろですかね」
「そう。もうすぐ3年も経つの。あの頃は、この娘どうなる事かと思ったけどね…早いわぁ」
「ほんとに…」
「それで、いつまでやれるの?」
「来年の、1月か2月か。それくらいですかね」
「そう…」
 店長はまた、今度は隠す素振りもなく大きく溜息をついた。
「あなたが戻ってきたら、またバイト募集の紙出すからね」
「またですか」
「またよ。それで、卒業までに、新人なんとかして」
「えー…。足りませんか?今のままで」
「足りんでしょう?あなたが抜けるんよ?最古参でしょうに。それに、つられて若い子がどっとやめたら困るやない」
 店長の言葉に、思わず俯いて笑う。
「つられて、若い子が、ね」
「その辺のことも言っといてよ」
「はい、はい」
「頼んだから」
「分かりましたよー」
「だから夏はいいわ。休んで」
「ほんま、助かります」
「今やめられたら困るからね」
 私はもう一度俯いて笑った。幾らでも替えのきく学生バイト。1ヵ月半の完全休暇はさすがに、くびになってもおかしくない。破格の待遇。
 軽い口調の裏で店長はたぶん、本当にそう危ぶんだのだろう。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-01-25 01:19 | 遠い空
きらきら (遠い空 vol.5)
 失恋したから髪を切る。なんて古風な風習は、今でもどこかに残っているだろうか。
 失恋したから髪を切る、なんて行動に出るのは恥ずかしかったからやらなかった。ただ、思い切ったことをしたくなる心境は、実感としてよく分かった。結局その気持ちがずっとくすぶっていて消えないままで、仕方がないから、成人式をまってから実行に移した。
 ずっと、生まれてから、ハサミいがいの余計な手を加えたことのなかった髪は、結構綺麗だったと自分でも思う。生まれつき少し、茶色がかっていたけれど、くせのない、割とはりのある髪は、大抵長く伸ばしていた。
 明るくしてください、と初めていった時、大袈裟だとは思うけれど、大事にしてきたものを壊すような気がした。無口になるほど緊張したのに、季節が冬だったせいか、あんまり変われなかった。
 
 本当は、こんなにまでするつもりなんかはなかったのだけれど。
 エスカレートするのは、笑っちゃうくらいに早かった。それから何度か美容院に行って、次の夏のさなかの頃には、私はだいぶ金髪に近かった。鏡の中から見返す瞳は、見知らぬものを見るように不思議そうだった。これは誰だろう。私だろうか。首を傾げると、同時に鏡の中の姿も傾げたので、やっぱり私だろうと思った。
 なんだかおかしくて笑った。地元に帰っても、もしかしたら誰にも気付かれないかもしれないな。そう思うと、おかしくて、少し泣きそうになった。
 ああ、でも、こんな頭じゃ実家には帰れない。そう思って、やっぱり俯いて独りで笑った。

 それから2年くらいが経つけれど、私の髪はおおむね金色っぽい。まるで知らなかったけれど、一度ここまで明るくしてしまうと、色を入れても退色が早いのだ。特に私の髪質は、染まりやすく、落ちやすいらしい。時々元に戻ってみようと思って濃い色に染めても、するりとすり抜けるようにすぐに、金色に戻った。
 幸いというかなんと言うか。この街でも、私の周りでも、明るい髪は流行っていたから、さほど浮いたりはしない。校則からも世間体からも切り離された大学生が、ひどく自由で奔放で、無防備なだけなのかもしれないけれど。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-01-18 20:21 | 遠い空
未来 (遠い空 vol.4)
 物がほしかったのだ。何か、重たく意味を秘めた物体が。
 どれほど些細で安っぽくても構わない。その意味を、知っているのは自分だけでも構わない。そう、くれたその本人さえ、その意味の重さには気付いていなかったかもしれない。でもそれでもいいと思った。構わないと思った。
 縛りたかったのは自分のことだ。自分で乗せた重みに、つながれてじっと動けないようにしたかった。ひどく不安定だったのだ。寄る辺ないほどに。
 言葉を変えれば、そう。
 私は生まれてはじめて、ひどく自由だった。自分でも驚くくらいに、どこまでも行けてしまうほど軽やかに。

 私は確かに望んでいたし、自力で真っ直ぐに掴み取ったのだ。私には、切り離してしまいたい息苦しい様々が絡んでいたし、そろそろそれも限界だった。とりあえず遠くに行きたかった。だから遠くの大学を選んだ。誰からも疑問や反対を受けなくてもいい程度の高い目標を掲げて、賭けに出たのだ。勝負だと思った。勝負は勝ちに行かなくては。
 可能性はなくはないけれどもいたって低かった。低かったけれども気にしなかった。気に病まなかったわけでは決してない。私は鬱々と泣いたりもしたし、噛み締めた唇を切ったりもしてみた。それでも遠くの街に描いた未来は鮮やかに明るく、躊躇いはなかった。
遠くに行きたかった。本当に私は、ずっと遠くに行きたかった。

 一緒に行けるなどという甘い夢は、まるで見なかったといえば嘘になるけれど。
 一度くらい、冗談のように、一緒に行こうよと誘ったかもしれない。でも、無理だと知っていた。それは単なる身勝手なのだということは、ちゃんと、分かっていたのだ。
 ずっとずっと、一緒にいたいと心から願っていた。本当に、一緒にいられたならどんなにいいだろう。何も問題ないように思えた。
 ずっとずっと一緒にいられるのならば、壊れることなどありえないように思えた。
 ずっとずっと、一緒にいられるのならば。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-01-07 07:25 | 遠い空