<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
記憶
 小さな部屋の小さなソファーで。おもむろに腕を伸ばして首に絡める。
 引き寄せた顔に、ふわりと唇を寄せながら反射的にふと目を瞑る。
 近くに寄った首の向こう側で、腕が余っているのが分かる。こういうとき、私の腕って長いなぁと、どうでもいいことを再確認したりする。
 もう慣れた感触。唇の柔らかさは、人によって違うよな、なんてことも知っている。
 触れてふと離れて。戯れるようにもう一度触れたら急に、背中に強く腕を回された。
 ちょっと苦しい、と思う。のしかかるように斜め上から見下ろしていたはずなのに、あっという間に視線が入れ替わる。やっぱり力は強いな、と思う。
 回していた腕を解いてソファについて体を支える。倒れてしまう事のないように。その間も、首と肩と背中にかかる重みを感じていた。
 唇に触るのは、さっき私がしたみたいな微かな感触ではなくて。その柔らかさも何もかも、押しつぶすような荒っぽさだった。
 のったな、と思う。罠にかけたわけではないけれど、誘ったのは私だろうか。
 首に手をまわしたのは無意識だったけれどそれでも、強く引き寄せられる事を狙っていたんではなかったか。
 強く、抱きしめられた背中が痛い。重みを支える腕も肩も首も、緩やかにしなっている。
 目を開けないままで、自分で仕掛けた結果を受け止めながら、でも。
 私は始終冷静だった。ずっと。目を閉じたままで。

 この人の中で。私の存在はきっとずっと長く残るだろう。
 いつか、今ではない未来に二人が別れてしまったとしても。
 この人の歴史のなかに私はきっと残れるだろう。
 私の中で、この人が残るかどうかは分からないけれど。

 そう思うと、ちょっとした優越感が生まれた。冷静な頭の中で。
 そしてひどく、愛しいと思った。今、誘われて身を寄せるこの人のことを。

 嘘ではないのだ。何一つ。嘘ではない。
 愛しいと思ったことも。手に入れたいと思ったことも。
 偽りはない。誤魔化しもない。
 ただ、始終頭のどこかが冷えている。
 無意識にする計算を、きっとでも、この人だって見抜いているに違いないけれど、それでも。
 誘われてくれるこの人が愛しい。きっと、本気で誘われてくれるこの人が愛しい。
 だから私はまた、身長の割に長めの腕をこの人の首にゆるゆるとまわす。
 支えを失った体が後ろに倒れていって、目を開けたら、彼の短い髪の向こうに白い天井が見えた。

 

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-26 02:25
君の名を (vol.4)
「あ…」
 ふいに佐々木は立ち止まる。
「ん?」
「彼女、名前は?」
「え?」
「名前」
「ああ。片山」
「片山、なに?」
「かおる。…呼んだことなんか、無いけどな」
 佐々木は何か、耐えかねたような表情に歪んだ。たぶん、笑ったんだと思うけど。
「呼んで、みれば?」
 佐々木の、言葉の趣旨が上手くつかめなくて、先を促すように黙っていた。
 佐々木が小さく首を傾げる。それでも視線は真っ直ぐに届いて、そういえば俺はこの視線が、気になって好きになったんだよなぁと思い出す。
 口を開く。高くも低くもない、聞きなれた佐々木の声。
「呼びたかったんなら、呼べばいいのに。案外、それで何かが、伝わるかもしれない」
「え…」
 俺は本格的に言葉を失う。
 佐々木はそんな俺を見て、やっぱり笑う。困ったように、静かに。
 何てことだ。こいつにまで、俺は敵わないんだと思い知らされる。
 じゃね、と短く告げてもう一度歩き出す。肩の辺りで振り返らないまま手を振って、今度こそ立ち止まらずに。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-04 04:19 | 君の名を
君の名を (vol.3)
「藤森はなんて?」
「え?」
「そのとき何て言ってた?」
「ああ…水野の片思いは終わってないからなって」
「片思い、か」
「片思いじゃないの?」
「いや。まぁそうなんだろうけど」
 果たしてそこまで行ってたかどうかすら、危うい。
 認識していたのは、いつだって際立つように見えた彼女の姿だけで。
 偶然に見つかるのではない、ということに、気付いたのだってだいぶ後のことだった。
 探していたんだ。ずっと。いつだってきっと一人で立っているから。周囲に歯向かうように、全身で風を受けて立っているから。
 彼女は避け方を知らなかったのだろうか?うまくやるコツってのがあるんだと、本当に知らなかったんだろうか?
 何を守りたかったんだろう?
 今となってはもう、彼女自身も覚えてはいないだろうけれど。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-03 04:01 | 君の名を
君の名を (vol.2)
「彼女ねー…何考えてるんだか、分かるような、分からんような」
「俺にはさっぱり分からんわ」
「あんたは鈍いから」
「そうでもねーよ」
「鈍いよ」
「どこらが?」
「仏語のユミ。あんたに気があったじゃん」
「え?うそ」
「や、まじで。まぁもう、彼氏できて幸せみたいだから意味ないけどねー」
「早く言えよー。知ってたんならよー」
 ユミは結構可愛くて好きな顔だったのに。
「言えるわけないでしょー?私ユミの友達だもん」
「尚更じゃねーか。何言ってんだよ」
「振られるの分かっててけしかけられるかっつーの」
「おまえなぁ。ユミならOKに決まってんだろ?」
「そうかね?」
「そうだよ」
「しないね」
「するって」
「しないよ。あんたは」
 何故か佐々木は、呆れたように諦めたように断言した。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-02 02:18 | 君の名を
君の名を (vol.1)
 僕は、僕の目を奪っていった女の子のことをずっとずっと思っていた。
 きらきらと埃の舞う長い廊下突き当りで、西日を浴びて、立ち尽くしていた彼女のことを、僕は今でも、鮮やかに覚えている。
 妙に挑戦的で、ひどく気が強そうで、何故か退廃的で、そして、どこまでも呆然と絶望しているような。
 複雑に絡んだ感情は、一つの出口もないままに、自ら閉じた空気の中で、周囲を拒絶するほかなす術もなく立っていた。彼女は本当にひどい表情をしていて、僕はほおって置けなかった。

 あの頃の君の事を。僕は決して忘れないよ?
 もうあの頃の君は、どこにもいないけれど。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-02 02:12 | 君の名を