タグ:「夏の記憶」シリーズ ( 45 ) タグの人気記事
葉桜の頃
    また寝てる……
 午後の日差しが柔らかい。昼食の後の5時間目、英語。あんまり面白くもない、一応異国語。確かに眠い。それは分かる。それは分かるけど。
 斜め前方で、右手にシャーペン、左手で頬杖をついてだいぶ前からぴたりと静止していた背中が、重力に負けてがくっと前にのめる。はっとしたように一瞬顔を上げて時間を確認してからまたもとの姿勢に戻る。や、ダメだろうそれじゃ。また寝ちゃうだろうに、と見ているうちにまたぴたりと静止した。しばらくしたらまたがくっといくに違いない。
 まだ入学したての4月だぞ。GWもまだだぞ。
 その大胆不敵な寝姿をさらしているのは、あろうことか肩までかかる髪を流した女の子だった。空色のブラウス、ひだひだのスカートにハイソックス。まじめな女の子風服装なのに、彼女の居眠りは別に、俺が見る限り、今日が初めてなわけでもない。

「次、かたやまー。おーい片山」
 教壇で英語教師がのんきに呼んでいる。
 あーあ。やっぱり。気付いてたのなんて俺だけじゃないよな。ま、厳しい感じの先生じゃなくってよかったけれど。
 片山さん、ねぇ片山さん、当てられてるよ。彼女の後ろの席の子が手を伸ばして突っつくと、えっと小さく間抜けな声を上げてようやく顔を上げた。
「では、35ページの18行目から最後の列まで」
 起きたのを確認した英語教師が、特に気にした風もなく淡々と指示すると、彼女はしばらく目を彷徨わせた後に教科書を読み出した。たどたどしい、というほどではないけれども別に凄く上手くもない普通程度の発音で、ただ、さして大きくもない声はきちんと響いた。
 恙無く読み終えて顔を上げたタイミングでまた指示が飛ぶ。
「じゃぁ訳して」
 沈黙。彼女の背中が、またぴたりと静止した。
 とりあえず、自分のノートに目を落としてみる。この先生、のんきな調子の割に想定よりもやたらに進みが速くって、ちょっとはやってきた予習の範囲なんてとうに超えていた。さっきから、必死に辞書を引いて作った訳文はたどたどしくっていまいちだ。
 当てられた彼女は未だ沈黙。
 ほーらみろ。こんな四月の初めから、寝てるから。
 他人事ながら、しんと静まった気配にやきもきしていると、視界の端で彼女が、何枚かページを捲るのが見えた。
「…中世において……」
 溜め込んでいた沈黙のことなどなかったようにしておもむろに口を開いた彼女が、淀みなく読み上げた和訳は、それはまったく、随分と綺麗な日本語だった。

 はい、じゃぁ次、と教師の関心が移って開放されると、彼女はまた頬杖をついた。窓のほうを向いてしまって横顔は少しも見えないけれど、なんともやる気がなさそうな気配で。
 でも、馬鹿じゃぁないんだな。綺麗な日本語、ていうか、完璧な予習?
 やわらかな春の日差しの中で、彼女は今日も、定まらない印象を纏っている。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-06-30 03:37 | ひとり
金色の時間 (vol.3)
 突然に、彼女の髪が金色になってしまったあの頃、何があったんだろう?
「失恋でもしたの?」
「失恋したから髪型変えるなんて言い伝えみたいなこと、なんだか恥ずかしくてやんないわよー」
 彼女は呆れた顔をしていって見せたけれど。

 何かあったんだろうと思う。彼女は、自分の長くてまっすぐでさらさらした髪を、たぶん気に入っていたし大切にしていたんだ。
 大事に大事にとっておいた自分だけの宝物を、自分の手でずたずたにしてしまいたくなる。それは、哀しみ?諦め?絶望?
 ぱさぱさと、少し傷んで外向きに跳ねている毛先。
 何でもないように笑うけれどどこか空々しくて、僕はあの頃の彼女を見ているのは少しいやだった。でも、痛々しくて、危なっかしくて。どうしても、目を向けずにはいられなかった。


 

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-06-11 05:15 | 金色の時間
金色の時間 (vol.2)
 手元から、なにかが音もなく滑り落ちた。
「あ……」
「ん?」
「これ、写真……?」
 束ねたレジュメの隙間からはらりと芝生の上に落ちたのは、一枚の写真だった。数人の少年が映っていて、私服だったけどたぶん高校生で、何人かが野球のユニフォームを着ていた。折り重なるように集まって、下のほうにいる子はきっと押しつぶされているんだろう、少し歪んだ顔で、一様に、無邪気に笑っていた。
 若いってこういうことだよな、なんて、思ってしまうような。明るさと無鉄砲なエネルギーに満ちた、なんだかいい写真。俺が、年を取りすぎただけなのかもしれないけれど。
「あ……、こんなとこに……」
「いつの?」
「高校。それ、かして」
 渡すと彼女はさっさと自分の鞄にしまってしまった。よく見もせずに、思い出に浸ることもなく。でもほんの少し丁寧に。そしてまた、さっきと変わらない様子で、ぼんやりと遠くの海に目を向けた。遠い港の、はじまりかけた夕焼け。
 写真に、彼女は映っていなかったのが、ほんの少し残念だった。16、7の、彼女を見てみたかったのに。きっと可愛かっただろう。あんな風に、鮮やかに笑っていたのかな?
 あの写真は、彼女が撮ったのかな。

「ねぇ知ってる?夕焼けにはね、金色の一瞬があるんだよ」
 彼女は前を向いたままふいに口を開いた。まるで俺などいないかのように傍若無人に、気まぐれなつぶやきのように。
「知らない」
「もうすぐ。もうすぐやから、見逃さないといいよ」
 時田君にも見てほしいの、なんて、言ってくれたらものすごく嬉しいのに。
 ばかげた夢みたいなものだけど。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-06-10 01:00 | 金色の時間
金色の時間 (vol.1)
「いない…」
 4限目のチャイムが鳴り響いても、彼女は教室に来なかった。この授業、取ってるはずなのに。木曜日の唯一被る履修。
 今日、行政法のノート持ってきてくれるって言ったのに…。
 どうでもいい瞬間にはあっけなく見つけることが出来るのに、探している時はいつもいない。僕から見た片山ちひろは、そういう人だった。

 気だるい午後の授業を何とかやり過ごし、終了のチャイムとともに席を立った。一応、彼女の分のレジュメも貰っておいた。まぁ彼女のことだから、妙に広い人脈と伸縮自在の結束力で、レジュメなんて簡単に手に入れるのだろうけれど。

 僕はそうはいかないからなぁ…一人ごちながら、明るい午後のキャンパスを巡る。彼女を探して。予約済みのノートが、彼女の取ったものかどうかは分からないけれど、そのノートが、僕の単位取得を助けてくれることは間違いないだろう。

 学食にも図書館にもいない。自販機前のベンチにも。
 ほんとに来てるのかな…念のため携帯をチェックしたけれどメールも着信もなかったから、急用って訳でもないらしい。
 どこかにいるか、もしくは完全に忘れられてるか。
     どっちかだ…
 ぐるぐる歩く。ぐるぐる。
 途中彼女とよく一緒にいるメンバーを何人か見かけたけれど彼女は一緒にいなかったので、これはもう、忘れられたってのが濃厚だろう。
 あーあ。まぁ、仕方ないかなぁ。借りるのはこっちだし。
 諦めて、少し早いけどバイトにでも行こうと思って正門前のバス停を目指していると、ふと、行き交う学生の群れの向こうに見覚えのある、限りなく金色に近い茶髪が見えた。
 正門へと続く大階段の横に広がる芝生の傾斜に、彼女はひとりで、膝を抱えるようにして座っていた。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-06-08 14:52 | 金色の時間
君の名を (vol.4)
「あ…」
 ふいに佐々木は立ち止まる。
「ん?」
「彼女、名前は?」
「え?」
「名前」
「ああ。片山」
「片山、なに?」
「かおる。…呼んだことなんか、無いけどな」
 佐々木は何か、耐えかねたような表情に歪んだ。たぶん、笑ったんだと思うけど。
「呼んで、みれば?」
 佐々木の、言葉の趣旨が上手くつかめなくて、先を促すように黙っていた。
 佐々木が小さく首を傾げる。それでも視線は真っ直ぐに届いて、そういえば俺はこの視線が、気になって好きになったんだよなぁと思い出す。
 口を開く。高くも低くもない、聞きなれた佐々木の声。
「呼びたかったんなら、呼べばいいのに。案外、それで何かが、伝わるかもしれない」
「え…」
 俺は本格的に言葉を失う。
 佐々木はそんな俺を見て、やっぱり笑う。困ったように、静かに。
 何てことだ。こいつにまで、俺は敵わないんだと思い知らされる。
 じゃね、と短く告げてもう一度歩き出す。肩の辺りで振り返らないまま手を振って、今度こそ立ち止まらずに。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-04 04:19 | 君の名を
君の名を (vol.3)
「藤森はなんて?」
「え?」
「そのとき何て言ってた?」
「ああ…水野の片思いは終わってないからなって」
「片思い、か」
「片思いじゃないの?」
「いや。まぁそうなんだろうけど」
 果たしてそこまで行ってたかどうかすら、危うい。
 認識していたのは、いつだって際立つように見えた彼女の姿だけで。
 偶然に見つかるのではない、ということに、気付いたのだってだいぶ後のことだった。
 探していたんだ。ずっと。いつだってきっと一人で立っているから。周囲に歯向かうように、全身で風を受けて立っているから。
 彼女は避け方を知らなかったのだろうか?うまくやるコツってのがあるんだと、本当に知らなかったんだろうか?
 何を守りたかったんだろう?
 今となってはもう、彼女自身も覚えてはいないだろうけれど。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-03 04:01 | 君の名を
君の名を (vol.2)
「彼女ねー…何考えてるんだか、分かるような、分からんような」
「俺にはさっぱり分からんわ」
「あんたは鈍いから」
「そうでもねーよ」
「鈍いよ」
「どこらが?」
「仏語のユミ。あんたに気があったじゃん」
「え?うそ」
「や、まじで。まぁもう、彼氏できて幸せみたいだから意味ないけどねー」
「早く言えよー。知ってたんならよー」
 ユミは結構可愛くて好きな顔だったのに。
「言えるわけないでしょー?私ユミの友達だもん」
「尚更じゃねーか。何言ってんだよ」
「振られるの分かっててけしかけられるかっつーの」
「おまえなぁ。ユミならOKに決まってんだろ?」
「そうかね?」
「そうだよ」
「しないね」
「するって」
「しないよ。あんたは」
 何故か佐々木は、呆れたように諦めたように断言した。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-02 02:18 | 君の名を
君の名を (vol.1)
 僕は、僕の目を奪っていった女の子のことをずっとずっと思っていた。
 きらきらと埃の舞う長い廊下突き当りで、西日を浴びて、立ち尽くしていた彼女のことを、僕は今でも、鮮やかに覚えている。
 妙に挑戦的で、ひどく気が強そうで、何故か退廃的で、そして、どこまでも呆然と絶望しているような。
 複雑に絡んだ感情は、一つの出口もないままに、自ら閉じた空気の中で、周囲を拒絶するほかなす術もなく立っていた。彼女は本当にひどい表情をしていて、僕はほおって置けなかった。

 あの頃の君の事を。僕は決して忘れないよ?
 もうあの頃の君は、どこにもいないけれど。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-05-02 02:12 | 君の名を
春休み (vol.7)
 アルバムを閉じた。いつか聞いたのと同じ、ぱたりと密やかな音がした。
 表紙を上にして、元あったように机のうえに据え置く。
 指先に残る、ざらりとしたつめたい感触を確かめるように、表紙をなぞる。
 僕のではない、けれど、僕のと同じ卒業アルバム。

 僕の3年間も閉じたのだ。この短い春休みをあければ、そこにはまるで、新しい日々が待っている。見知らぬ人と、見知らぬ場所で、僕はまた自分の居場所を、一から作り直していく。
 まるで新しいようで、きっと。
 どこかで知っているような気だるい循環。それは結構、面倒な事にも思えるけれど。

 螺旋階段をぐるぐると上り続けるように、さして変わらない景色を眺め続けているうちに。
 いつか僕は、知らずにおとなになるだろう。
 いつの間にか兄貴の考えている事とかが、よく分からなくなったように。
 僕もきっと、さり気なく滑らかに成長していくのだろう。
 何も、劇的な何かなんかなくたって。

 僕たちは上り続ける。変わらない毎日に悪態をつきながら、目新しい何かを探し続けて。
 ぐるぐると、ぐるぐると、果てなく希望もないような気がしたって。
 上げた視線の先には、ぽかんと開けた空がある。
 あまりに広すぎる青空の中で、ふいに闇雲な不安に苛まれたとしても。
 それでも、僕は、決して独りではないだろう。
 親しかった友達と、はしゃぎまわった部活仲間と、ちりぢりに離れてしまったとしても。それでも。
 みんな、みんな、ぶちぶちいいながらそれぞれの螺旋階段を、登り続けているに違いないから。
 見渡した広大な視界の中に、今はまだ、なにも見つけられないとしても。
 いつだって、いつだって、そうだったじゃないか。未知の未来は、いつだって不安を掻き立てるけど。

 真っ白な未来は、明るく耀いて僕を誘う。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-02-25 16:56 | 春休み
春休み (vol.6)
 今、僕の机の上にもアルバムがある。まったく同じ作りの卒業アルバム。おなじ色、同じ素材。違うのは、キズもなく真新しい事と、銀色で書かれた数字だけ。
 開けば沢山の写真が並んでいて、沢山の顔が笑ったり戸惑ったりしている。でも、どんなに探しても、兄貴も先輩も片山さんもいない。どこにもいない。
 表紙の見開きにはやっぱり色とりどりのメッセージが並んでいるけれど、そこには先輩の奔放な雑な文字も、片山さんの濃紺色の小さな文字もない。
 当たり前だけど、それを僕は悔しいと思う。
 どうしたって、どうにもならない。仕方がないことだ。そんなことで僕と兄貴を比べるなんて馬鹿馬鹿しいって分かってる。分かってるけど。それでも。

     やっぱり羨ましいよ…

 僕は言葉を耐えるように、大きく息を吸い込んだ。少しだけ目を閉じて、少しだけ息を止めて、それからそっと吐き出した。静けさを守るように、そっと。
 まだおとなになりきれない僕たちの前には、だたっぴろい広大な道があって、そのずっとずっと前のほうに、片山さんがいて、先輩がいて、兄貴がいる。
 僕は遠く、彼らの背中を追いかけている。4年分の距離は、縮まることなく、広がることなく、横たわり続けて。
 僕は、追いつくことは出来ないのだ。永遠に。
 僕の3年間は、彼らとはまるで別物だから。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2006-02-24 13:26 | 春休み