タグ:冬 ( 16 ) タグの人気記事
バームクーヘン
 バームクーヘンを見ると、バームクーヘンを丸齧りしたいといっていた人のことを思い出す。そんなときしか思い出さないのに、それでも忘れてはいないんだ、ということに、微かに動揺する。
 不思議。
 ただ。
 バームクーヘンが食べたいって言ってただけなのに。

 あんまり何度も言うので、じゃぁ一度齧ってみれば、と言ったときには私たちはまだ高校生で、それもお金のない高校生で、切り分けられたものはともかく、丸い形をしたバームクーヘンは私たちには、随分と、高価だった。
 もっとも、本当に丸ごとのバームクーヘンというのはもっとずっとずーっと大きいものなんだ、ということは、全然知らなかった。
 バームクーヘンは、丸くて、真ん中に穴が開いていて、幾つもの層になっていて、駅前の洋菓子屋のウィンドウに入っていた。
 育ち盛りだったらしい彼は呆れるほどいつもおなかがすいていて、その店の前を通りかかるといつだって、丸齧ってみたいと言った。
 甘いものがさほど好きではない私は想像だけで胸焼けがしそうだと思っていたけれど、彼にとってその望みは本物らしかったので、バレンタインにはケーキを焼いた。
 さすがにバームクーヘンの作り方は分からなかったので、真ん中にバナナを入れた巨大なロールケーキを焼いて、綺麗な紙に包んであげた。
 丸齧っても良いよ、バームクーヘンじゃないけど、と言ったら彼は、随分と嬉しそうな顔をしたんだ。
 ほんとに?全部食べちゃうよ?と、寒い公園のベンチで包みを開けながら彼は言って、良いよ、と答えたらもう一度嬉しそうに笑った。

 今ならもう、丸いままのバームクーヘンは買える。別に、さほど裕福になったわけではないけれど。
 私は今も甘いものが苦手で、バームクーヘンを丸齧りしたいなんて思わないけれど。どうしても、見るたびに、何故なんだかあの人の事を思い出す。
 夢は叶っただろうか。随分と、ささやかで食い意地の張った夢だったけれど。
 夢は叶っただろうか。
 今ならバレンタインに、買って贈ってあげられるのにな。いいよ、丸齧りして、って、言えるのにな。
 それとも今年辺り、誰かにもらうだろうか。そんな、ちょっとばかばかしいような昔の夢を、知っている人がいるだろうか。私以外にも。
 それとももう、彼も忘れてしまっただろうか。そんなことを、いつも言っていた頃のことなんて。
 今ならきっと、もっと美味しいケーキだって焼けるんだけどな、と思って、ちょっと笑った。
 いつまで私はこうして、ふいに思い出したりするんだろう。
 いつまでもきえなかったらそれはそれでちょっと困るな、と思って、目を細めた。
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-02-02 12:25 | ふたり sideA
君のため (後編)
「指輪は死んでもいやだって言わなかったか?去年」
「さぁ~どうだったかな」
「去年ペアリングにしようかって言ったら全否定したくせに」
「それはさー、まだ覚悟が足りなかったからね」
「覚悟ねぇ…」
「残るものを貰うのって怖いじゃん」
「で、覚悟できたの?」
「さぁねぇ」
 謳うように言って軽やかに足を早める。
 しょうがないなぁと思いながら、僕はのろのろと着いていく。
 でも、だいぶ先に行ってしまった彼女が早く早くと急かすように振った手には確かに銀色のリングがはまっていて、何だかまんざらでもない気分になる。
 エンゲージリングでもあるまいし、物は物だろうという気がしないでもない。けれどふとした瞬間に、僕が贈った指輪が光を跳ね返すのは、悪くない。
 悪くないから、来年はもう一回り小さいのを贈ってやろう、と決めた。
 彼女は嫌がるかもしれないけれど、そんなのはどうせ照れとか意地とか過去とかそんな下らない理由なんだ。
 そうして、そういうくだらないものを取っ払ったその下に、彼女はとても綺麗な笑顔を持っていて。
 ひどく不器用なだけなのだ、ということを、僕はもう知ってしまっているから。
 彼女がどんなに意地っ張りでも頑固でも、勝手気ままで掴めなくても。
 彼女が笑ってくれるなら、僕は、何でもできるような気がしたりする。
 そんな小さな指輪一つで、彼女が一瞬でも素直になれるのなら、僕は。
 毎年だって飽きずに贈る。

 君が笑ってくれるなら僕は、ひどく幸せな気分になるよ。


「なぁ~今晩鍋しようぜ。鍋」
「おおっいいねぇ。何鍋にする?」
「そうだなぁ、寒いからあったまるのがいいなぁ」
「そんなら材料買いにいこ。あのホットプレートはほんとに便利なんだ」
 急に張り切った彼女が、僕の手を引いて歩き出す。
 右手に当たる固いリングの感触が新鮮で、僕はまたそっと一人で、気付かれないように小さく笑った。
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-29 05:17 | ふたり sideB
君のため (中編)
 正月気分がぬけてきてようやく落ち着いてきた街を二人でふらふら歩いていた時に、彼女はふと思いついたように言い出した。
「ねぇ。クリスマスにさ、何か買ってくれるっていう話はまだ生きてるの?」
「ああ、うん。いいよ、何でも」
「何でも?」
 できれば消耗品はやめて欲しい。米とかそういう食料もちょっと。もっと言うなら電化製品もなんだか可愛げがないからやめて欲しい。
 けど、そんなことを言ったら彼女がまた何も言わなくなってしまうかもしれないから我慢する。
「いいよ、何でも。…さほど高くなければ」
 さすがにエルメスのバックとか言われたら買えるわけがない。
「さほど高くなければね」
 彼女はちょっと笑って歩いていく。目的地は決まっているらしく迷いのない足取りだけれど、僕にはどこに向かっているかさっぱり分からない。どうやら駅前に向かっている。
 大きい家電屋の前を通りかかった時に、ああ、やっぱり電化製品かもしれない…と、思って落胆したけれども、彼女が入って行ったのは隣のファッションビルで。
 立ち止まったのは意外なことにアクセサリー売り場だった。
「ここ?」
「ここ」
 無愛想にそういったきり彼女は無口で、しきりにショーウインドウを見ている。
 そうして、あれこれ手にとって、色々嵌めてみたりして、だいぶ長い間経ったあとで、これ、と指差したものは可愛らしい形をしたリングだった。しかも新春セールの赤札がついている。
「これ?」
「これ。だめ?」
「だめじゃないけど。セール品じゃなくても…」
「半額になってるし、さほど高くないかなと」
「や…別に…バイト代入ったし…セール品じゃなくていいよ」
 僕としては、なんていうかもっとちゃんとしたものを贈りたかったわけだけれども。
 非常に現実的な彼女は不思議そうな顔をしていて、安いに越した事はないとか思っているのだろう。
「ほんとにこれでいいの?」
「これでいい」
「別にセールかかってるのから選ばなくてもいいよ?」
「これでいい」
 断固とした言葉で言い張っているので、これはもう引かないだろうと思って僕は内心溜息をつきながら諦める。なんだか、買ってあげるみたいになってしまって贈った気分にならないのだけれど。
「こっちとどこが違うの」
「え?サイズが違う」
「サイズ?」
「指輪にはサイズがあるのだよ。知らなかった?」
「うーん。それいくつ?」
「これ?11号」
 実は、S、M、Lだと思っていたなんて絶対言えない。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-26 04:09 | ふたり sideB
君のため (前編)
 クリスマスプレゼント何がいい?と言う質問をはぐらかされ続けて、年末の忙しさも手伝って、クリスマスはあっさりと過ぎてしまった。イブは双方バイトや予定が立て込んでいて合えなかったし、25日も合間を縫ってちょっとあって食事しただけで別れてしまった。
 お互い割と忙しい日々だし、別にクリスマスだからなんだと思わなくもない。ないけれども。
 何か彼女に上げたかった。何でもいいから何か。残るものがいい。目にして僕のことを思い出すようなものがいい。

 それにしても、イベント意識の薄い人だと思う。女の子ってのはこう、もっと記念日とか行事みたいなものに敏感なものなんじゃないのか?
 付き合って結構経つけれども、互いの誕生日も去年もクリスマスもバレンタインも、ただの一日とさして変りがなかった。バレンタインには一応チョコレートを貰ったし、誕生日にはおめでとうと言い合ったりはしたけれどそれだけだ。
 友達は楽でいいじゃんとか言うけれど、俺としてはもうちょっと何かあってもいいと思う。余りにあっさりしすぎていて落ち着かない。なんだってあんなに拘らないのかは分からないけれど、付き合った日とか、俺の誕生日とか、あっさりと忘れられていそうで不安になってしまう。

 去年のクリスマスだって凄く大変だった。特に何も言ってくれないので、試しにペアリングにしようかと言ってみたら、恥ずかしいから死んでもいやだと全否定された。じゃぁ何でもいいから一番欲しいものと言って何とか聞き出した答えは、ホットプレートだった。
 独り暮らしの彼女は、鍋もできる深めのホットプレートを買おうか買うまいか迷っていたらしい。僕ははっきり言ってあっけに取られたし、彼女は彼女で気まずそうだし、それに何でもいいと言ってしまった手前ひくに引けなくなって、僕は彼女に多機能型ホットプレートをプレゼントした。
 そのホットプレートは今年の冬も大活躍している。彼女の部屋で暖かい鍋を二人でつつけるようになったのは確かに大変喜ばしい。喜ばしいけれども。僕は鍋のたびに複雑な気分になってしまう。
 だいたいにして、彼女は普段から要求と言うものがひどく少ない。何かを買ってくれとせがまれた事もないし、連れてってほしいと言われた事もない。食事だっていつも割り勘だし、今すぐ会いに来てと言われたこともない。
 どうやら友人の中には、彼女の過度の要求に苦しんでいる奴もいて、お前はほんとに楽でいいなと言われたりする。確かに楽だけれど…もうちょっと何か要求されてもいい。本当に、俺なんてどうでもいい存在なんじゃないかと思わないで済む程度には。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-24 03:57 | ふたり sideB
青空
夏が遠いので
こころはとても穏やかです
空気が冷たいので
体はとても安らかです
空だけがひどく青くて
勘違いしそうになるけれど
真夏の空の青い色を
本当はよく憶えていません
空だけがひどく青いけれど
真夏の色とは違うのでしょうか
本当はよく憶えていないので
勘違いしたいのは感傷でしょう
葉が散りきった桜の枝が
白く浮き出して青に映え
まるで雲もなく底もなくどこまでも突き抜けるので
目を外す機会を失って
いつまでもぼんやりと眺めていました
ずっと寒ければいいのにと思います
冷たい風に晒されていれば
何も溶け出さずにすむのに
ざわめきも記憶も遠いまま
静かに凍っていられればいいのに
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-16 02:53 | ひとり
雪あかり
 眠ろうと思って眠れなかった朝に近い深夜、まだ明けてはいないはずの曇りガラスの外の景色が妙に明るかったので窓を開けてみたら、天気予報を無視して、しんしんと雪が降っていた。
 気付かなかっただけでだいぶ前から降っていたらしく、道路も樹も隣の家の屋根ももう薄っすらと白く覆われていて、ほんの少しの街灯のひかりをそっと跳ね返していた。

 雪が降るとなんだか得したような気分になる。

 朝になって出かけなければならないときには寒くて濡れて歩きにくくて面倒なだけなのに。
 こうして安全で暖かな部屋の中から見ているだけの雪はただ白くて穏やかで、街の音を吸い込むように、私のこころの雑音もさり気なく吸い込んでいく気がする。
 誰も踏み荒らしていない朝に近い深夜。
 何の跡もないただ滑らかに平らな世界が、しんしんと厚みを増していく。
 押し寄せてくる静けさは決して重たくも不安を掻き立てることもなく、細かく震え続ける内心の表面をそっと宥めるように隠すように、私の中に積もっていく。

 ああ、もうすぐ夜が明ける。

 世界がざわめきだす予感に、たった今出来上がっている白い世界が乱されるのを感じて切なくなり、それでも少しだけ安堵する。

 もうすぐ夜が明ける。
 眠らなければ。

 ふと思い立って窓を開けてみたら外は驚くほど冷たかった。
 慌てて閉めるその直前に大きく息を吸ったら、肺の奥に入り込んだ空気が冷たすぎて少し痛んだけれど、しんしんと私の中に積もっていた静けさが丁度よく満たされたような気がしたので、何となく満足して窓をきっちりと閉めて鍵をかけて、カーテンを引いた。
 上手く眠れなくても、横になって目を閉じよう。
 今、せっかく私の内側に積もったものが出来るだけ乱されないように、完全に明るくなるまでそっと、横になって静かに身を潜めていよう、と思った。
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-10 02:56 | ひとり
冬眠
ずっとずっと遠いまま
永遠に会うこともないままで
きっと君の記憶を
閉じ込めてしまいたい
春が来る前に忘れてしまいましょう
君の名前も
君の声も
君の影も
君の気配も
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-07 03:54 | ひとり
静かな夜
 会う機会が減っていって
 電話が上手く繋がらなくなって

 ああどこかで
 別の恋でもしているのかなと漠然と思う。

 怒ってもいい場面だろうか
 罵ってもいい立場だろうか

 でも僕のこころに満ちるのは
 ひたひたと静かな哀しみだけだ。
 
 こんなに遠く離れてしまって
 めったに会えない君の事を
 繋ぎとめられなかったのは僕なんだ。
 緩やかに遠ざかっていく君のこころを
 僕はずっと気付いていたのに。

 見知らぬ誰かに魅かれていく君の事を
 何にも出来ずに黙ってみていた
 哀しくて切なくてそればかりに埋め尽くされて
 蹲って目を塞いでいたんだ。
 気付かないふりをしていたかった。
 幸せそうな無邪気な素振りで
 それが全てだと思いたかった。

 本当のことなど知らないけれど、どこかで恋などしたのだろう
 本当のことなど言わない君に、やっぱり僕は何も聞けないだろう

 僕は今から飛行機に乗って、君の街まで会いに行く。
 これで最後になるだろう。別れ話になるだろう。
 それでも僕は君に会いに行く。
 最後くらいはせめてこの瞳で
 君を真っ直ぐに見つめてこよう。

 これで最後になるとしても。
 僕は君の幸せをずっと祈っている。
 今はまだ、メリークリスマスと上手く笑えなくても。
 君の未来に祝福を。
[PR]
by ichimen_aozora | 2004-12-24 23:14 | ふたり sideB
透明な時間
 なんだって、こんなに綺麗に泣くのだろうかと思った。
 泣いてもみっともなくないなんてずるい。
 時々自分が嫌になるのは
 君がひどく透明で綺麗だからだ。

 透きとおった涙がするすると落ちて
 まるで動いているのはその雫だけで
 時間は止まったように
 しんとしたまま沈んでいた
 真冬の午後はもう薄暗くて
 白い空が落ちてくるようだった。

 何故だか君が泣いているので
 私は泣けなくて
 君の前で呆然と立っていた
 何も悪くはないと思うのに
 ひたすら責められているような気がして逃げ出したかった
 自己嫌悪がめぐりめぐる
 何故か君が泣いていて
 私は無表情に立ち尽くしていた
[PR]
by ichimen_aozora | 2004-12-19 13:28 | ふたり sideA
これからは (寒い日 vol.3)
言えないわ、と君は言った。

淋しいなんて、私は言えない


僕は君に伝えなければいけないんだと思う。
弱くなんてなっていないって。
君はもともと、強かったわけじゃないんだって。
伝えなければ。

一人になれてはいけないんだよ
一人でいる事は、とても楽で。
淋しさを感じる事もなくて
誰の助けも借りずに、だから強く生きているように錯覚してしまうけれど
一人に慣れてはいけないんだ
誰かとともに行く事は
一人よりもずっと難しいんだよ
誰かとともに居ることは
一人よりもずっと孤独なんだよ
君は、知らなかっただけなんだ
大事なものを抱えて、それが本当に本当に大事な存在なら
失う事が怖くて当たり前じゃないか
そうやって懸命に生きていくんだ
何も持っていないことは
何も守らないでいるという事は
強い事にはならないんだよ

今はまだ
戸惑ったままで構わないから
どうかこの手を、振り切って逃げないで欲しい
そうして一人に戻らないで欲しい
僕は君を守るから
君も、僕を守ろうと思って欲しい
僕といる時間を
失いたくないと思って欲しい
何かに執着する事は、別に悪い事じゃないんだ
何かを大事に思うことは、ありふれた普通のことなんだ
ただ君が知らなかっただけなんだ

不安に震え続ける君を
僕は両腕に抱えている
この大切で儚い存在を
守りきるためなら
僕は君が
泣いたって構わない
君が泣くなら
僕がずっとそばにいるから
消えないで
行かないで
孤独の意味を知っても
震えても
戸惑っても
僕は君を守る
[PR]
by ichimen_aozora | 2004-12-17 01:29 | ふたり sideB