タグ:指輪 ( 3 ) タグの人気記事
君のため (後編)
「指輪は死んでもいやだって言わなかったか?去年」
「さぁ~どうだったかな」
「去年ペアリングにしようかって言ったら全否定したくせに」
「それはさー、まだ覚悟が足りなかったからね」
「覚悟ねぇ…」
「残るものを貰うのって怖いじゃん」
「で、覚悟できたの?」
「さぁねぇ」
 謳うように言って軽やかに足を早める。
 しょうがないなぁと思いながら、僕はのろのろと着いていく。
 でも、だいぶ先に行ってしまった彼女が早く早くと急かすように振った手には確かに銀色のリングがはまっていて、何だかまんざらでもない気分になる。
 エンゲージリングでもあるまいし、物は物だろうという気がしないでもない。けれどふとした瞬間に、僕が贈った指輪が光を跳ね返すのは、悪くない。
 悪くないから、来年はもう一回り小さいのを贈ってやろう、と決めた。
 彼女は嫌がるかもしれないけれど、そんなのはどうせ照れとか意地とか過去とかそんな下らない理由なんだ。
 そうして、そういうくだらないものを取っ払ったその下に、彼女はとても綺麗な笑顔を持っていて。
 ひどく不器用なだけなのだ、ということを、僕はもう知ってしまっているから。
 彼女がどんなに意地っ張りでも頑固でも、勝手気ままで掴めなくても。
 彼女が笑ってくれるなら、僕は、何でもできるような気がしたりする。
 そんな小さな指輪一つで、彼女が一瞬でも素直になれるのなら、僕は。
 毎年だって飽きずに贈る。

 君が笑ってくれるなら僕は、ひどく幸せな気分になるよ。


「なぁ~今晩鍋しようぜ。鍋」
「おおっいいねぇ。何鍋にする?」
「そうだなぁ、寒いからあったまるのがいいなぁ」
「そんなら材料買いにいこ。あのホットプレートはほんとに便利なんだ」
 急に張り切った彼女が、僕の手を引いて歩き出す。
 右手に当たる固いリングの感触が新鮮で、僕はまたそっと一人で、気付かれないように小さく笑った。
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-29 05:17 | ふたり sideB
君のため (中編)
 正月気分がぬけてきてようやく落ち着いてきた街を二人でふらふら歩いていた時に、彼女はふと思いついたように言い出した。
「ねぇ。クリスマスにさ、何か買ってくれるっていう話はまだ生きてるの?」
「ああ、うん。いいよ、何でも」
「何でも?」
 できれば消耗品はやめて欲しい。米とかそういう食料もちょっと。もっと言うなら電化製品もなんだか可愛げがないからやめて欲しい。
 けど、そんなことを言ったら彼女がまた何も言わなくなってしまうかもしれないから我慢する。
「いいよ、何でも。…さほど高くなければ」
 さすがにエルメスのバックとか言われたら買えるわけがない。
「さほど高くなければね」
 彼女はちょっと笑って歩いていく。目的地は決まっているらしく迷いのない足取りだけれど、僕にはどこに向かっているかさっぱり分からない。どうやら駅前に向かっている。
 大きい家電屋の前を通りかかった時に、ああ、やっぱり電化製品かもしれない…と、思って落胆したけれども、彼女が入って行ったのは隣のファッションビルで。
 立ち止まったのは意外なことにアクセサリー売り場だった。
「ここ?」
「ここ」
 無愛想にそういったきり彼女は無口で、しきりにショーウインドウを見ている。
 そうして、あれこれ手にとって、色々嵌めてみたりして、だいぶ長い間経ったあとで、これ、と指差したものは可愛らしい形をしたリングだった。しかも新春セールの赤札がついている。
「これ?」
「これ。だめ?」
「だめじゃないけど。セール品じゃなくても…」
「半額になってるし、さほど高くないかなと」
「や…別に…バイト代入ったし…セール品じゃなくていいよ」
 僕としては、なんていうかもっとちゃんとしたものを贈りたかったわけだけれども。
 非常に現実的な彼女は不思議そうな顔をしていて、安いに越した事はないとか思っているのだろう。
「ほんとにこれでいいの?」
「これでいい」
「別にセールかかってるのから選ばなくてもいいよ?」
「これでいい」
 断固とした言葉で言い張っているので、これはもう引かないだろうと思って僕は内心溜息をつきながら諦める。なんだか、買ってあげるみたいになってしまって贈った気分にならないのだけれど。
「こっちとどこが違うの」
「え?サイズが違う」
「サイズ?」
「指輪にはサイズがあるのだよ。知らなかった?」
「うーん。それいくつ?」
「これ?11号」
 実は、S、M、Lだと思っていたなんて絶対言えない。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-26 04:09 | ふたり sideB
君のため (前編)
 クリスマスプレゼント何がいい?と言う質問をはぐらかされ続けて、年末の忙しさも手伝って、クリスマスはあっさりと過ぎてしまった。イブは双方バイトや予定が立て込んでいて合えなかったし、25日も合間を縫ってちょっとあって食事しただけで別れてしまった。
 お互い割と忙しい日々だし、別にクリスマスだからなんだと思わなくもない。ないけれども。
 何か彼女に上げたかった。何でもいいから何か。残るものがいい。目にして僕のことを思い出すようなものがいい。

 それにしても、イベント意識の薄い人だと思う。女の子ってのはこう、もっと記念日とか行事みたいなものに敏感なものなんじゃないのか?
 付き合って結構経つけれども、互いの誕生日も去年もクリスマスもバレンタインも、ただの一日とさして変りがなかった。バレンタインには一応チョコレートを貰ったし、誕生日にはおめでとうと言い合ったりはしたけれどそれだけだ。
 友達は楽でいいじゃんとか言うけれど、俺としてはもうちょっと何かあってもいいと思う。余りにあっさりしすぎていて落ち着かない。なんだってあんなに拘らないのかは分からないけれど、付き合った日とか、俺の誕生日とか、あっさりと忘れられていそうで不安になってしまう。

 去年のクリスマスだって凄く大変だった。特に何も言ってくれないので、試しにペアリングにしようかと言ってみたら、恥ずかしいから死んでもいやだと全否定された。じゃぁ何でもいいから一番欲しいものと言って何とか聞き出した答えは、ホットプレートだった。
 独り暮らしの彼女は、鍋もできる深めのホットプレートを買おうか買うまいか迷っていたらしい。僕ははっきり言ってあっけに取られたし、彼女は彼女で気まずそうだし、それに何でもいいと言ってしまった手前ひくに引けなくなって、僕は彼女に多機能型ホットプレートをプレゼントした。
 そのホットプレートは今年の冬も大活躍している。彼女の部屋で暖かい鍋を二人でつつけるようになったのは確かに大変喜ばしい。喜ばしいけれども。僕は鍋のたびに複雑な気分になってしまう。
 だいたいにして、彼女は普段から要求と言うものがひどく少ない。何かを買ってくれとせがまれた事もないし、連れてってほしいと言われた事もない。食事だっていつも割り勘だし、今すぐ会いに来てと言われたこともない。
 どうやら友人の中には、彼女の過度の要求に苦しんでいる奴もいて、お前はほんとに楽でいいなと言われたりする。確かに楽だけれど…もうちょっと何か要求されてもいい。本当に、俺なんてどうでもいい存在なんじゃないかと思わないで済む程度には。

More
[PR]
by ichimen_aozora | 2005-01-24 03:57 | ふたり sideB